高校入試情報

群馬県入試情報 公立前期選抜試験について

群馬県公立高校入試情報

群馬県公立高校前期選抜試験について

前期試験でも学力検査を実施します!

前期選抜は

総合問題or学力検査+作文or小論文or面接+調査書

で合否が出ます。

前期選抜の特徴は

①学力検査は「国語」「数学」「英語」の3教科の試験です。

②1教科40分、50点満点のテストです。

③学力検査の問題は県教委が作成します。

高校ごとのオリジナル問題はありません

④学力検査に変わり、総合問題を実施する学校もあります。

⑤総合問題は高校が作成します。

⑥「学力検査」or「総合問題」に加え、作文・小論文・面接等を実施できます。

⑦学校での成績や部活動や生徒会活動等の資料である調査書(内申等)の比率が高いです。

⑧各高校により、検査項目の比重が異なります。

⑨自己推薦なので誰でも希望すれば出願できます。

例えば、

前橋女子高校では調査書:6、総合問題:3、面接:1

前橋南高校では調査書:5、学力検査:3、面接:2

前橋東高校では調査書:6、学力検査:3、面接:1

市立前橋高校では調査書:5、学力検査:4、面接:1

となっています。

ですので、自分の高校がどの選抜方式かを把握する必要があります。

 

 

 

 

出典
この受験情報は前橋市片貝町の
自立学習塾マイセルフの喜田先生のHPからいただきました。
https://myselfkatakai.jp/high-school-entrance-exam-information

お問い合わせ連絡先