勉強の仕方

中学生 国語の成績の上げ方

中学生 国語の成績の上げ方

ぐんぐん上がる国語の勉強法

「国語はあきらめました・・・」

と言っている人がよくいます。もったいないですね。

「国語はセンスで決まるから、私はセンスないし・・・」

なんて、言っている人もいますが、これはウソですよ!

勉強の方法を知れば、確実に上がります。

ぜひ、やってみてください。

国語の勉強は、大きく分けて「3つの分野」があります。

漢字・読解 ・文法です。

漢字は皆さんすでにやっているでしょうから、

まずは読解の話をしますね。

定期テスト対策なら 「学校のワーク」が有効です。

 

学校のワークは、読解についても、

テストの予想問題になります。

解答、解説を見ながら、自信のないところを中心に

練習しておきましょう。

ワークとまったく同じ問題を出す

学校の先生もいますから、

本番でも落ち着いて解くことができます。

考えてみれば、数学や英語も

「文章題」が多いですよね。

読解力、思考力がつけば、どんな教科でも深く理解できます。

この意味で、国語は総合科目であり

実力をつければ、全科目がのびるのですから

“国語を制するものが 受験を制す”

といっても過言ではないでしょう。

学校のテストは、できるのに、実力テストになると、点数が取れない

人いますよね。

本当の読解の力がついていない・・・

この対策について 次はお話します。

評論文のテスト対策

よく、 新聞を読みなさい・・

読書をしなさい・・・ と薦める大人がいますが

効果はあまり期待できません。

それはなぜかというと

的外れなものが多いからです。

入試で重要な「評論読解」では

つぎの3点の読み取りが求められます。

(1)筆者の意見

(2)その理由

(3)具体例

これら3つの読解ポイントを的確に把握して読む必要があります。

新聞はただ事実が書いてあるだけで、

評論の構造にはなっていないので、練習にはならないのです。

ですから、読解の勉強には、この3つの読解ポイントを指定し、それ

を理解させる教材が望ましいですね。

小説の読解のテスト対策

「小説の読解」であれば

主人公の心の動きを中学生にわかるように伝える解説が求めら

れます。(たとえば、心理学的要素にふれながら、物語のポイントと

作者の意図をきちんと伝える解説が必要)

 

 

つまり

「読解力」をつけたい人は、前のページに書かれた項目に特化

した教材を選び、練習する必要があるのです。

ぜひ、塾に相談にきてください。プロの講師がお応えします。

最後に文法について

多くの中学校では、文法は「学校ワーク」から出す

という特徴があります。

ですから、学校のワークを3回繰り返して、

正しい答えが完璧に書けるようになれば、それで OK!!

短期間で高得点が臨めます。どうです?やる気がでてきたでしょ。

学校のワークの使い方は最初に英語のところでお話していますので、

まだ読んでいない人は読み返してくださいね。

お問い合わせ連絡先